山口県山口市阿知須の小児科 小児、喘息、アレルギー、アトピー性皮膚炎、不登校、心身症、ワクチン接種

食物アレルギー

  • HOME »
  • 食物アレルギー

食物アレルギーとアナフィラキシー

食物を摂取することで何らかの症状をきたす疾患を食物アレルギーといいます。重症度は患者さんによって様々で、一般的にはじんましんなどの皮膚症状を生じることが有名ですが、皮膚以外に症状を生じる「アナフィラキシー」という状態を伴う場合は生命に直結することがあり、厳重な食事制限が必要です。

 

食事制限を行う判断法

食事制限は必要な場合と不要な場合があります。おおむね以下のパターンで検討いたします。
(a)アナフィラキシーを伴う場合
アナフィラキシーは生命の危険を伴いますので、制限は必須です。
(b)食事を摂取した後20~30分以内に症状が出現する場合(即時型)
即時型はアナフィラキシーを伴う可能性が高いですが、軽症の場合や再現性がない場合は制限のメリット/デメリットを考慮して検討します。
(c)アトピー性皮膚炎で、特定の食物を摂取したあとで明らかに増悪し、コントロール困難な場合
アトピー性皮膚炎が外用剤での治療が難しく、また特定の食物で明らかに悪化するようであれば、やむなく制限 を勧めます。しかし原則は外用剤治療が原則ですので、不要な制限は避けます。基本的には食事制限を行う前に一度「除去試験」を行います。除去試験は原因と思われる食物を一時的に中止して、アトピー性皮膚炎が改善するかを確認します。この試験で改善を認めれば「除去試験 陽性」と判断し、食事制限を行います。アトピー性皮膚炎の改善を待って、再び摂取を試みます。

 

エピペンについて

アナフィラキシーを伴い、誤食(原因食物を誤って食べること)が起こりうる場合は、緊急時に備えてアドレナリン自己注射を処方いたします。体重が15kg以上のお子さんが対象となります。

お気軽にご連絡ください TEL 0836-38-8341

インターネット予約

インターネット予約

初診受付サービス

初診受付サービス

現在こちらからは受付できません。
上のインターネット予約ボタンからお願いします。

各疾患解説

各疾患解説

お知らせ

休診のお知らせ

7月31日(火)、8月1日(水)、8月2日(木)、8月9日(木)、8月10日(金)を休診とさせていただきます。

2月25日(日) 在宅当番医のお知らせ

2月25日(日)は在宅当番医となっています。 診療時間 8:30~17:30 昼休憩はありません。

インフルエンザワクチン接種 完全再開のお知らせ

制限をかけさせていただいておりましたインフルエンザワクチン接種ですが、十分な数量を確保できました。 今後は通常 …

インフルエンザワクチン接種のお知らせ

平成29年10月10日(火)から開始しておりましたインフルエンザワクチン接種ですが、11月下旬より一時中止して …

院長がインフルエンザ関連記事で読売新聞に紹介されました

12月6日の読売新聞に、インフルエンザ関連について院長のコメントが掲載されたました。

PAGETOP
Copyright © あじすこどもクリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.