山口県山口市阿知須の小児科 小児、喘息、アレルギー、アトピー性皮膚炎、不登校、心身症、ワクチン接種

アトピー性皮膚炎について

  • HOME »
  • アトピー性皮膚炎について

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎はかゆみや掻き壊し、皮膚の乾燥といった症状が長期にわたって悪化と改善を繰り返す慢性疾患です。気管支喘息や食物アレルギーなど様々なアレルギー疾患と合併することが多く、それらの疾患とも併せて治療管理が重要となります。

治療法

保湿剤やステロイドといった塗り薬が主体となります。ステロイドは副作用が懸念され、敬遠される方も多いですが、上手に塗れば効果 を最大限に発揮し、副作用を極力抑えることができます。
ステロイドの塗り方は「悪くなったら塗る」ではなく、「悪くならないように日頃から塗る」という取り組み方が重要とされています。
プロアクティブ療法という塗り方で、プロアクティブとは、Proactive・・・Pro(前もって)active(積極的に)という意味で、悪くならないように予防的に塗る方法です(テレビで有名な、あのニキビの薬と同じですね)。
もちろん強いステロイドをずっと続けるわけではなく、軽いステロイドを継続させて、悪化を防ぎます。結果として強いステロイドが不要な状況を維持できます。
またステロイドで十分軽快すれば、ステロイドによる副作用を 極力抑えるためにタクロリムスという薬に切り替えることもあります。
 

展望

アトピー性皮膚炎の治療展望は、薬の善し悪しというよりは、塗り方のコツを掴めるか、また腰を据えて取り組めるかで変わってくると当方は考えております。短期間的に治療に臨むのではなく、疾患の性質をよく理解し、根気よく継続することが重要です。

お気軽にご連絡ください TEL 0836-38-8341

インターネット予約

インターネット予約

初診受付サービス

初診受付サービス

現在こちらからは受付できません。
上のインターネット予約ボタンからお願いします。

各疾患解説

各疾患解説

お知らせ

看護師募集のお知らせ

急募! 正看護師・准看護師、経験を問いません。 お問い合わせは電話0836-38-8341まで。 メール(aj …

インフルエンザ予防接種のご案内

【開始日】 2018年10月01日(月)から開始予定です。実際はワクチンの入荷が確認でき次第、再度掲示し、ホー …

院長がインフルエンザ関連記事で読売新聞に紹介されました

12月6日の読売新聞に、インフルエンザ関連について院長のコメントが掲載されたました。

PAGETOP
Copyright © あじすこどもクリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.